体験予約 LINE予約

blog
BLOG

筋トレのダイエット効果

筋トレのダイエット効果

 

 

皆さんのダイエットにおける筋トレのイメージは筋トレをすると筋肉が太くなる、

なかなか効果が出なくて続かないといったイメージはありませんか?

でも実際は筋トレをすると引き締まる、効果が出るまで時間がかかるがリバウンドをしにくいなどとてもいい効果があるので、今日は筋トレがいいイメージになれるような紹介をしていきます。

 

目次

1.筋トレのダイエット効果

2.さらに効果を上げる方法

3.筋トレの注意点

4.まとめ

 

 

 

1.筋トレのダイエット効果

 

 

筋トレには主に3つの効果があります、それは
①基礎代謝が増える

②筋トレによるカロリーの消費

③身体が引き締まる

という効果があります

まず1つ目の基礎代謝が増えるについては
筋肉は体を支えたり、体温を生み出す働きをする働きを持っていて、筋肉が増えることでエネルギーの消費を増やすことが出来ます。

2つ目の筋トレによるカロリーの消費については
筋トレによるカロリーの消費は運動強度によって違いはありますが一時間当たり200~400Kcalの消費があります。

3つ目の体が引き締まるについては

筋トレをすることによって筋肉のたるみやむくみがとれて身体が引き締まって見えます。

また、筋トレをすると筋肉が太くなるからと心配する方もいるかと思いますが、ダイエットの為に行う筋トレくらいの強度では筋肉が目に見えて太くなるということはないので大丈夫です。

 

 

2.さらに効果を上げる方法

 

 

筋トレをするとダイエットは成功しやすくなりますが、筋トレだけで痩せるのは難しいです。

なので、筋トレ後のエネルギーを消費した後に有酸素運動を行うことで、有酸素運動の脂肪燃焼効果を上げることが出来るので筋トレ後の有酸素運動はおすすめです。

 

 

3.筋トレの注意点

 

 

やればやるだけ効果が出るわけではないので、効果を上げるポイントを紹介します。

まず筋トレには休息日が必要です、筋トレを行い筋肉に負荷をかけると、部位によって異なりますが回復するまで約48~72時間必要と言われています。

なので、最初は週2回程度の筋トレを行うことをおすすめします。

また、筋トレを行うタイミングについてですが、起床直後、空腹時、食事の直後、寝る前の筋トレは避けた方がいいです。

理由として起床直後の筋トレは心拍数や血圧が急激に上昇するため身体に大きく負担がかかります。空腹時はエネルギー不足になり、食事の直後は消化不良になる恐れがあるため避けた方がいいです。寝る前の筋トレは寝つきを悪くしてしまうので、寝る3時間前くらいは空けた方がいいです。

食事についてですが筋トレをしても筋肉を作る材料が無いと筋肉を付けれないばかりか、逆に筋肉を減らしてしまう事もあるので、食事の際はタンパク質をしっかり摂るように心がけましょう、目安としては最低でも体重1㎏に対して1g、できれば体重1㎏に対して1.5gを目安にとるといいです。

 

 

4.まとめ

 

 

これまで筋トレのダイエット効果について紹介してきましたが、最初は家で出来る簡単なトレーニングなどを行い、だんだん慣れてきてより負荷を上げたトレーニングを行う場合、怪我のリスクも上がるので、怪我を防ぐためにパーソナルトレーニングなどでしっかりとしたトレーニング方法を覚えてトレーニングすることをおすすめします。

 

 

―この記事を書いた人―

カロリートレードジャパン長岡市店

パーソナルトレーナー

坂之井 広樹
さかのい ひろき