体験予約 LINE予約

blog
BLOG

人口甘味料の使い方

人口甘味料の使い方

 

 

人口甘味料は低カロリー飲料やお菓子などに使用されています。
人口甘味料を使った商品は、カロリーを抑えながら甘味を感じられるので、ダイエット中の方にも人気です。
しかし、人口甘味料と聞くと何となく健康に良くないようなイメージを持つ方もいるかもしれません。
ここでは人口甘味料について解説して上手な活用法を紹介していきたいと思います。

 

目次

1.人口甘味料とは

2.甘味料の種類と主な合成甘味料

3.人口甘味料の活用法

4.まとめ

 

1.人口甘味料とは

人口甘味料は、化学的に合成されて作られた甘味料で糖アルコールと合成甘味料があり、カロリーを抑えた砂糖の代替甘味料として使用されます。
商品に使われるときは砂糖の甘さに近づけるためにいくつかの人口甘味料を併用している場合が多いです。
人口甘味料が使われているのは、主に清涼飲料水やガムなどの食品です。
ゼロカロリー、カロリーオフ、ゼロシュガーと書かれているものには、人口甘味料が使われている可能性が高いです。
人口甘味料には、肥満予防や生活習慣病改善に役立つ可能性があることから、カロリー低減製品の需要が高まっています。
科学的に合成されたものであることは確かですが、使い方次第では体にとって良い作用をもたらしてくれる場合もあるのです。「人口」「化学」という言葉が否定的にみられることもありますが、人口甘味料について知識を持ったうえで、生活に役立てていきましょう。

 

2.甘味料の種類と主な合成甘味料

砂糖を含む甘味料は「糖質系」と「非糖質系」に分けられます。
このうちの「非糖質系」甘味料には天然甘味料と合成甘味料があり、それぞれ次のような特徴があります。

・天然甘味料
植物の葉などに含まれる成分を抽出したもの。
代表的なものにステビアや甘草などがあります。

・合成甘味料
化学合成によって作られた甘味料で砂糖の数百倍の甘さを持っている。
代表的なものにはアスパルテームやアセスルファムカリウム、スクラロース、サッカリンなどがあります。

合成甘味料であるアスパルテームは砂糖と同じく1g4kcalですが、甘さが砂糖の200倍もあるため少量の使用で甘い味付けをすることが出来ます。
アセスルファムカリウムの甘さはアスパムテールと同じくらいの砂糖の200倍ですが、カロリーは1g0kcalで、低カロリー食品に使われます。
合成甘味料は砂糖よりも甘さが強いので同じ甘さを付けたいときに使用料を抑えることが出来るのでカロリーを抑えれます。

 

 

3.人口甘味料の活用法

 

人口甘味料のうち合成甘味料を使う大きなメリットとしては、まず低カロリーな特性によって摂取カロリーを抑えることが出来ることです。
また、砂糖と比較して食後の血糖値が上昇しにくいことで肥満や糖尿病の予防などに有効であると期待されています。
さらに非糖質系甘味料であることから微生物発酵がなく酸を発生しないため、虫歯の予防にも適しています。

 

 

4.まとめ

 

人口甘味料は安全性がみとめられたもののみ使用が許可されていますが、腸内フローラに悪影響を与える可能性や糖尿病のリスクが高まるなどのデメリットがあると言われています。使い方次第ではよい場合もありますが、人によっては悪影響を与えてしまうこともあるのでメリットとデメリットを知り上手に使っていきましょう。

 

―この記事を書いた人―

カロリートレードジャパン長岡市店

パーソナルトレーナー

坂之井 広樹
さかのい ひろき